突然給湯器が壊れ、ボーナスが消えた

冬のある日、お風呂を入れようとすると、お湯がたまらず、給湯器の表示がおかしくなっていました。翌日、ガス会社に連絡をして、修理に来てもらったのですが、給湯器が14年経っているので寿命とのことでした。

表示部分がおかしくなっているので、表示部分だけ交換したらもしかしたらまだ使えるかもしれないと言われたのですが、在庫を確認してもらったところ、もう部品は残っていないことがわかりました。

そこで、給湯器自体を買い換えないといけなくなったのですが、見積もりはなんと34万円です。

もしも、日ごろから、調子が悪いと感じていたのなら、心の準備もお金の準備もできていたところですが、前日までは何の不具合もなく、いきなりの故障です。あせってしまいました。

いろいろなところで給湯器の見積もりをとれば、もう少し安くできたのかもしれませんが、冬でお湯が使えないのは本当に困るので、すぐにでも交換をしてほしかったこともあり、そのまま取り換えをお願いしました。

でも、34万円なんて、手元にはもちろんありません。「払えない…どうしよう」なんて思っていたら、幸い故障したのが12月でボーナスが出た直後でした。ボーナスはほぼこの給湯器で消えてしまいました。いろいろとボーナスで買いたかったものをリストアップしていたのですが、もちろん、それらは半年後のボーナスまで延期です。

なんとかボーナスで支払いが出来たのはよかったのですが、ボーナスをあてにしていたいろんな購入予定の物が買えないことになってしまい、本当にショックでした。

でも、考えてみたら、給湯器はとっくに寿命を迎えていて、逆に14年もったのがラッキーだったのですし、給湯器の交換費用は、もともと確保しておくべきだったのです。

これを機に、洗濯機やパソコン、冷蔵庫など、壊れたら購入しないといけないけれども高額な家電などについて、購入後何年たっているかを確認し、次回の購入にむけて予備費として取っておくことにしました。今後のことを考えて計画的にお金を置いておかなければいけないなと実感しました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です